昼食について
A:製薬会社ランチョンセミナー 初日180食、二日目80食
                ※二日目は医療従事者限定
B:お弁当販売(600円)
C:応援ランチョン(700円)
  • 応援ランチョンは、お弁当を食べながら施設や団体の活動報告などを聞けます。
    お弁当代の一部は、その施設や団体の活動資金となります。当日、応援したい(話を聞きたい)施設や団体が発表する部屋へご入室ください。
  • お弁当はその部屋の入口でお渡しします。各部屋に定員がありますので、ご希望の部屋が満席の場合は、他の応援ランチョンの部屋への入室をお願いいたします。
  • 応援ランチョンの事前申し込みをしていない方も、会場で100円を支払っていただければ、応援ランチョンの聴講は可能です。昼食をご持参の上、会場までお越しください。100円は各応援ランチョンの会場でお支払いください。
  • 応援ランチョン 参加予定団体
    NPO法人リカバリー それいゆ
    さまざまな被害体験を背景にもつ女性たちの福祉的支援を行っています。依存症の課題に取り組むプログラムも行っています。就労継続支援B型事業所やカフェも運営しています。
    女性たちの就労を支援することを目的とし、自分の居場所を見つけ、そこでさまざまな人と交流することからさらに社会に参加するための力やエネルギーを蓄えていく場となることをめざしています。
    NPO法人札幌連合断酒会
    社会に対して酒害者及び酒害者家族の救済、とくに女性や子供の救済に関する事業を推進し、社会復帰の促進を図り、広く社会福祉の向上に寄与することを目的としています。また、「ARC~歩~」という就労継続支援B型事業所も運営しています。
    スカイ、ヨベル
    NPO法人きなはれで運営している、レストラン業務をしている「スカイ」(就労継続支援B型事業所)と軽作業や施設外就労をしているヨベル(就労移行・就労継続支援B型事業所)の活動報告をします。
    北海道精神障害者スポーツサポーターズクラブ
    スポーツ権(全ての人が有するスポーツをする権利)を具現化し、精神障害者スポーツの普及・推進を目的として2012年1月1日に設立されました。2018年10月1日からは健常者╱障害者の枠を取り払い、みんなで支えるクラブとしてリニューアル致しました。障害の有無に関係なく、同じ志をもつ仲間たちがともに活動しています。
  • 学会会場の近くには、コンビニや飲食店がありません。
  • 昼食時、お弁当等を食べられる休憩部屋を用意いたします。
  • 会場内で、軽食等の販売も行う予定です。