プログラム
タイムテーブル予定

タイムテーブル(変更となる場合があります。詳細決定次第随時更新いたします。)

プログラム

プログラム内容は詳細決定次第随時更新いたします。

市民公開講座

「注文をまちがえる料理店の活動について」(一般社団法人注文をまちがえる料理店 和田行男)

大会長講演

「支援者の柔軟性」 (大通公園メンタルクリニック 長谷川直実)

特別講演Ⅰ

「精神科デイケアにおけるケースマネジメント」 (国立精神・神経医療研究センター 藤井千代)

特別講演Ⅱ

「分子生物学者が見た病のイニシエーション」 (東京都医学総合研究所 糸川昌成)

教育講演Ⅰ

「地域包括ケアにおけるデイケアの役割」 (原クリニック 原敬造)

教育講演Ⅱ

「ピアスタッフが精神科デイケアで勤務する意義」 (ひだクリニック 肥田裕久)

シンポジウム
  • デイケアと地域性 ~都市部・地方・海外、それぞれの立場から~」 (大同病院:韓国 朴相運、クボタクリニック 三ヶ木聡子、倶知安厚生病院 藤澤友斗)
  • 「認知症 ~認知症の人が求めるデイケア・デイサービスとは?~」(江別すずらん病院 宮本礼子、恵庭市役所 佐藤和彦、有限会社ライフアート 武田純子)
  • 「大規模デイケア調査から見える今後のデイケア」(東京リワーク研究所 大木洋子、日本デイケア学会 原敬造、日本精神科病院協会 医療政策委員会 松原良次、東京リワーク研究所 五十嵐良雄)
  • 「障がい者スポーツ」(石金病院 井上誠士郎、大通公園メンタルクリニック 多田周平)
  • 「就労支援」(JSN 金塚たかし、三家クリニック 三家英明、にじクリニック 西浦竹彦)
現場で使えるシリーズ(ワークショップ)
  • 現場で使えるSST              (ルーテル学院大学 前田ケイ)
  • 現場で使える動機づけ面接法          (札幌刑務所 中村英司)
  • 現場で使える集団精神療法           (北星学園大学 田辺等)
  • 現場で使える解決志向アプローチ        (こころのリカバリー総合支援センター 阿部幸弘)
  • 現場で使える森田療法             (大通公園メンタルクリニック 山田秀世)
  • 現場で使える条件反射制御法~物質使用障害編~ (下総精神医療センター 平井愼二、他)
  • 現場で使える性的逸脱と盗癖への取り組み    (下総精神医療センター 平井愼二、他)
  • 現場で使える金銭問題、部屋探し        (諏訪・髙橋法律事務所 髙橋智美、札幌英和法律事務所 新堂有亮、アパマンショップ 山本雅人)
その他ワークショップなど
  • デイケアスタッフあるある(倶知安厚生病院 土田正一郎、大通公園メンタルクリニック 山田秀世)
    参加者のみなさんで、普段の業務での色々をちょっとだけ荷下ろししましょう(定員10名程度)
  • 「デイケア“そもそも論” ~『てつがくカフェ』で考えてみる~」 (福井大学 西村高宏、福井医療大学 近田真美子)
    他の参加者と対話をし、意見に耳を傾けながら、自分の中にある「精神科デイケアとは何か」を見つめ、デイケア・スタッフとしての矜持とは何か、を考える機会を作りたいと思っています。
  • 大会企画ワークショップ「みんなで広げよう精神科デイケア・ネットワークPart2~全国のデイケア連絡組織の情報交換・交流会」
    昨年の千葉大会からの連続企画。各地域での交流をしたい、全国のデイケアの様子を知りたい、今更聞けないことをあれこれ質問したいという方々が語り合う場を設け、ネットワーク形成につなげられればと思います。
  • 「支援する人が元気になるための実践講座」 (倶知安厚生病院 土田正一郎)
  • 「メリデン版訪問家族支援の紹介」(おおえメンタルクリニックゆう 酒井一浩/五稜会病院 吉野賀寿美)
  • 「デイケアとリカバリー」 (多機能型事業所PEER+design 稲垣麻里子)
デイケアプログラム実演発表
メンバーステージ発表
リワークスタッフ交流会
事務職の集い
フットサル交流会

学会前日の13日(金)18時から札幌市内で開催。メンバー同士の試合や支援者を交えた交流を予定。ソーシャルフットボール(精神障害者フットサル)に興味のある方の参加をお待ちしております。

ランチョンセミナー

製薬会社ランチョンセミナー、応援ランチョン等を予定しております。